Let It Be - Beatles

オネスティで絶頂に達しましたか? よ~し、次はこれを聴け!

アーティスト:レットイットビー (Let It Be)
タイトル: ビートルズ (The Beatles)

さて、そろそろビートルズを登場させておきたい。ビートルズは多くの人と同様、私にとっても特別な存在である。言わずとしれた名曲が並び、今後もいろいろ取り上げることが予想される中で、何を一発目に持ってくるか、まじめに考えると結構悩ましい。その中で、個人的にもとてもインパクトの高く、代表曲中の代表曲として紹介されている Let It Be を挙げる。この曲は本当に何回も何回も聴きこんだ。個人的な刺さりポイントはサビの「レリビー、レリビー!(音階的には単純なミレド~、ミソラ~!)」の2回目の「ビー!(ラー!)」の部分だった。ポールの歌い方はもちろんのこと、イントロのピアノもよし、中間部のギターソロ(とその後のピアノ)もバッチリ。もし宇宙人がいて、彼らも同じ12音階を使うのであれば、地球にはこんな曲があるんだぞと自慢できると思う。この曲が世の中に存在すること自体に感謝せねばならないという畏怖の念さえ抱く。そう、一礼させていただきます。ぺこり。






2011-03-01 Beatles Trackbacks::0 Comments::0

<< モダンチョキチョキズ - ふられ節 | これを聴け! おとぎくの音楽談義TOP | ビリージョエル - オネスティ (Billy Joel - Honesty) >>












管理者にだけ公開する

| このページの上へ |