シカゴ・サウンドトラック - ナウアデイズ - (Chicago Soundtrack - Nowadays)

これを聴け!

アーティスト: シカゴ・サウンドトラック
タイトル: ナウアデイズ (Nowadays)
Nowadays - Chicago (Original Soundtrack)

前回のイングヴェイで激情モードがピークに達したので、一旦針をソフト路線に戻すことにする。

今回は映画「シカゴ」のサウンドトラックに入っている Nowadays という曲をご紹介。歌うレニー・ゼルウィガーは、この映画でアカデミー賞の主演女優賞にノミネートされた。

「シカゴ」の映画自体は 2002年のものだが、元々は 1974 年に上演されたミュージカルでであり、物語設定としてはさらに古い 1920 年代・シカゴジャズ全盛時代だ。したがってかなり昔から知られている作品であり、この曲をあのライザミネリが歌う映像も YouTube で発見。これもピッタリはまっていた。物語の設定から90年も経った現在では、時間というものが流れることへの切なさとか古き良き時代への郷愁のようなものも感じさせる映画だ。この曲中にも「50年も経てば何もかもが変わってる」というメッセージが入っている。

映画中でこの曲はテーマソングというほどの扱いではないが 2ヶ所で使われている。(1)レニー・ゼルウィガーがドラマ中にジャズクラブのオーディションを受けるシーンと、(2)エンディングシーンである。どちらかというと前者がよい。スイングなジャズの伴奏に乗せてレニーが甘く艶っぽい声でささやくように、

You can like the life you're living
Or you can live the life you like

(あなたは今の人生を好きになるのもよし、
逆にあなたの好きな人生を送るのもよし。)

と言いきかせる歌詞が味わい深く響く。
そう、気持ちや行動次第でなんとかなりまっせ!



にほんブログ村 音楽ブログへ 人気ブログランキングへ

2011-03-23 Jazz Trackbacks::0 Comments::0

<< シカゴ - 素直になれなくて (Chicago - Hard To Say I'm Sorry) | これを聴け! おとぎくの音楽談義TOP | イングヴェイ・マルムスティーン - ファー・ビヨンド・ザ・サン (Yngwie Malmsteen - Far Beyond The Sun) >>












管理者にだけ公開する

| このページの上へ |