Charlene - I've Never Been To Me

カサブランカ聴いた? うむ。次は、これを聴け!

アーティスト:Charlene
タイトル: I've Never Been To Me

この曲は日本では「愛はかげろうのように」というタイトルで訳されていたが、その意図がよく分からない。この曲に対する私の解釈は、

「私はいろんなとこ行った。カリフォルニアとかジョージアとかギリシャとか色んなところで色んな経験(王様に脱がされるなど)した。それこそパラダイスに行ったのだ。しかし、、、それでも私は自分が分からんのじゃあ! (I've never been to me = 自分を訪れたことがない)」

という「幸せは身近なところにある」というものではないかと。曲の後半にあるメロディなしの語り部分も歌詞を意識して聴くととても味わいがある。シャーリーンはまさに一発屋だったが、この曲は本当に美しく輝いている。日本の歌手も椎名恵、小柳ゆき、岩崎宏美、原田真純などがカバー。

2011-03-01 Ballad Trackbacks::0 Comments::0

<< Rainbow - I Surrender | これを聴け! おとぎくの音楽談義TOP | Bertie Higgins - Casablanca >>












管理者にだけ公開する

| このページの上へ |