ショートショート映画はおもしろい! (Superfly - Ah)

1か月以上ぶりの更新である。

この間、少し充電していた。音楽から離れていたわけではないのだが、少し違う角度から眺めていた。その結果、色々な作品群に触れる機会があった。今後出来る限り記事にしていきたい。

まずはズバリ、「映像」である。

このブログは音楽について語るものだが、あえて映像という切り口。となれば YouTube にアップされてるような PV (プロモーションビデオ) が頭に浮かびそうだ。こうした PV を起点として、よりストーリーなどを意識して音楽と映像を組み合わせた総合的に面白いモノを求めていた。

その折、6/16~6/26 の間、東京で国際的な短編映画祭が開かれていたので観に行った。

ショートショート・フィルムフェスティバル
http://www.shortshorts.org

表参道ヒルズのスペースオーやラフォーレ原宿、横浜のブリリアショートショートシアターなどの会場で、日本、アジアや欧米から集められた最長25分以内のショートショート映画が厳選され、上映されていた。

あのジョージルーカス監督も下積み時代はショートショートからキャリアを積んだらしいが、この映画祭でも将来が楽しみな映画監督たちの生き生きとしたクリエイティブな作品群に圧倒された。この中にはミュージックビデオも含まれるし、国際親善や地域振興を意識したもの、サッカーに関するものなど様々なカテゴリに分けられていた。

おとぎくはこの期間、この映画祭で4会場を回るなどして集中的に合計 120本ぐらいのショートショートを観たが、退屈に感じた作品はほとんどなく、目から鱗の連続。短い尺でここまで雄弁に主題が語れて楽しませられるのかと驚きの連続であった。飽きることなく、もっと映画祭が続いてほしいと思っていた。

映画祭代表である別所哲也氏が書いた本(サイン入り)まで買い、完読してしまった。これまで13年間、只ならぬ意気込みでショートショートの振興に取り組んできたようである。おかげで素晴らしい映画祭だったと思う。

ともかく、その中から一本、紹介する。

これを観ろ!

作品名: 皆既日食の午後に
監督・脚本:常盤司郎
音楽:Superfly (曲名: Ah)
http://www.shortshorts.org/2011/ja/eclipses-shadow/index.html

予告編↓


この作品は映画祭で「ミュージックshort部門特別製作作品」として全編が上映されていた。もう映画祭が終了してしまったので今すぐ観れないかもしれないが、、、とにかくこれ以外にもいい作品満載なので、そのうちまとめて DVD が出ることを期待されたい。

あまり書きすぎるとネタバレになるのでサラっと感想を書くと、、「皆既日食」というテーマへの意味の持たせ方が絶品。登場人物のキャラクターもよし。

Superfly の曲が出てくる瞬間、最高に輝いて暖まれる作品。


2011-07-14 Film Trackbacks::0 Comments::0

<< さだまさし - 広島の空 | これを聴け! おとぎくの音楽談義TOP | 坂本龍一 - 美貌の青空 >>












管理者にだけ公開する

| このページの上へ |